美肌方法 >  しみ >  しみの原因

しみの原因

しみの原因として、1番に挙げられるのは「日焼け」です。「日焼け」により一時的に皮膚は褐色になります。これは紫外線の影響を防ぐために、メラニン色素が多量に分泌され、表皮に残るためです。次に、化学物質によって起こる「かぶれ・やけど・すり傷」などもメラニン色素を増やします。それらが治った後に「しみ」を残しやすくなるのです。代表的なのが化粧品でクレンジングによる「こすりすぎ」で顔全体が黒ずんでしまうようなしみになることもあります。ニキビをつぶすと同じく、しみが出来ることがあります。ナイロンタワシやブラシなどによる過度のこすりすぎも真皮に色素沈着を起し、しみの原因となりやすいです。また、ホルモンの分泌異常やストレスでも、しみを作ることがあります。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

しみの原因 |  しみの予防 |  しみのケア | 

しみ

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織からなるのです。さらに、表皮は、角質層・透明層・顆粒層・有棘層・基底層の5層に分かれています。5層は通常、28日で入れ替わり、28日たつと5層目が1層目まで上がってきて、はがれてなくなります。5層目にある基底層には「メラノサイト」という細胞があり、これが紫外線を吸収し、メラニン色素を生成します。ところが、新陳代謝が悪いと、層の入れ替わりが起こらないです。従って基底層に出来たメラニン色素も、そのまま留まり動かないです。これが「色素沈着」=「シミ」になるわけです。「シミ」、薄い褐色の境目のはっきりした色素斑としてあらわれ、大体30歳以降の女性に多く、両ほお・ひたい・目・鼻の周囲に出来やすいとされています。