美肌方法 >  日焼け >  日焼けの原因

日焼けの原因

紫外線 UV

日焼けの原因は、いわずと知れた紫外線です。少し詳しくいうと、、、

日焼けは、皮膚が短時間の内に強い紫外線を受けて、肌の奥の「基底層」にあるメラノサイトという細胞が、紫外線を吸収するためのメラニン色素を生成することにより起きます。

日焼けを引き起こす紫外線には、波長の異なるUVAとUVBの2種類があります。

皮膚に赤い日焼け(サンバーン)をさせるのは、紫外線のUVBで、黒くなる日焼けはUVAで皮膚の真皮まで達します。軽いやけどの一種であるとも言われています。

一般に汗などで ぬれた肌は乾いた肌よりも、より一層紫外線を吸収しやすい と言われています。

日焼けの原因:過労

また、過労や睡眠不足・ビタミンB・Cの不足は日焼けに対する抵抗力を低下させ、より日焼けしやすくなるのです。

今までは、春から夏にかけてが「紫外線の量は最も多い」と言われてきました。しかし近頃、冬でも紫外線の量には注意が必要であるとされています。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

日焼けの原因 |  日焼けの予防 |  美肌のための紫外線防止剤の選び方 |  日焼けのケア | 

日焼け

日焼けとは、皮膚が紫外線を受けてメラニン色素を作り、そのメラニン色素が皮膚に一度に沈着して肌色を濃くして(褐色等)紫外線の害を表皮の「真皮」にまで及ぼさないようにしたものです。このメラニン色素は、「ドーパクロム」という物質が紫外線を受けて変化したものです。多くの「日焼け」は、季節が変わったり・時間が経ったり・衣類で覆ったり、紫外線が当たらないようにしてやると、元の肌色に戻るものです。しかし、陽射しの強い時のドライブや夏の海水浴・冬のスキーの後に、皮膚がほてり、赤くなってヒリヒリすると痛むことがあります。これも「日焼け」であり、強い紫外線を短時間に受けて「真皮」に炎症が起こったものであると思われます。