美肌方法 >  美肌ボディケア >  美肌のための入浴方法

美肌のための入浴方法

美肌にいいお湯の温度は40℃前後が適温とされています。

それ以上になると、皮脂が余計に落とされ乾燥の原因となりやすいです。

また、洗う場所は「脂漏部位」と言う、頭・顔・わき・胸等の皮脂腺が発達している場所や足の指の間などに限ったほうが良いです。背中や脚のすねは毎日洗う必要のない場所であり、タオルやボディブラシでこすってしまうと、肌の黒ずみの原因となりやすいため注意が必要です。

皮脂は一般的に悪者扱いされるが、それ自体は酸性で細菌の感染から肌を守ってくれる働きを持っています。毎日、石けんやボディシャンプー等で洗っていると角質細胞が露出し皮膚の乾燥が起こりやすくなるのです。入浴後に保湿剤を塗ることは美肌を保つために大切なことです。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌のための入浴方法 |  かかとのささくれ |  ひざの黒ずみ |  相互リンク ボディケア関連サイト |  へそのゴマ |  小顔体操 |  あかぎれ | 

美肌ボディケア

「体脂肪を減らす」「体重を減らす」ということだけでは「ボディケア」をしているとは言えません。肥満や肌荒れの原因をよく考えた上で行なう方法として「エステ」「東洋医学」「運動」「食事療法」があります。これらを試みることで、新陳代謝が良くなり脂肪の分解も活発になるのです。そして、体のコンディションも良くなると思われます。「エステ」にはセルフマッサジーやプロのエステティシャンやメディカルエステによるものがあります。「東洋医学」には、ツボ刺激(体のエネルギーの反射点を刺激して、心身を癒す)や漢方薬の処方(新陳代謝が悪いために起こる「冷え性」を改善する漢方薬等を服用する)があります。「運動」は気になる部分を引締める効果が得られます。