美肌方法 >  美肌ボディケア >  かかとのささくれ

かかとのささくれ

「かかとのささくれ」は、かかとの「角質」が硬化し裂けるものです。主な原因として、水分が不足しているため「角質」が硬くなりささくれるものです。また、ビタミンAの不足により肌のバリア機能が不完全で刺激に弱い肌となってしまうため、「角質」が肥大し中まで裂けてしまうものです。ケアの方法としては、外からの刺激を減らし、余分な角質を取り、十分保湿することです。保湿は普通のクリームで十分ですが、ひどくなった「ささくれ」には、お風呂で十分ふやかし、特にひどい場合には軽石などで軽くこすり、「ワセリン」等を塗るのが、一般的なクリーム化粧品を塗るよりも効果があると言われています。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌のための入浴方法 |  かかとのささくれ |  ひざの黒ずみ |  相互リンク ボディケア関連サイト |  へそのゴマ |  小顔体操 |  あかぎれ | 

美肌ボディケア

「体脂肪を減らす」「体重を減らす」ということだけでは「ボディケア」をしているとは言えません。肥満や肌荒れの原因をよく考えた上で行なう方法として「エステ」「東洋医学」「運動」「食事療法」があります。これらを試みることで、新陳代謝が良くなり脂肪の分解も活発になるのです。そして、体のコンディションも良くなると思われます。「エステ」にはセルフマッサジーやプロのエステティシャンやメディカルエステによるものがあります。「東洋医学」には、ツボ刺激(体のエネルギーの反射点を刺激して、心身を癒す)や漢方薬の処方(新陳代謝が悪いために起こる「冷え性」を改善する漢方薬等を服用する)があります。「運動」は気になる部分を引締める効果が得られます。