美肌方法 >  ニキビ >  背中ニキビ予防

背中ニキビ予防

どうして背中にニキビが出来るかというと、背中のライン辺りには「皮脂腺」が集まっており、汗や脂肪の分泌が活発な箇所であるためです。その予防策としては、日頃、入浴時等にニキビがありますか否か注意してチェックしたいものです。そして、「正しく洗う」ことが何よりの予防策で、石けんをよく泡立てて、やわらかいタオルを使うことです。この時、ボディブラシやナイロンタワシは使用しないほうが良いです。そして、1度流し、また、同じ要領でもう一度洗う。この「部分的な2度洗い」で、思っている以上に皮脂を抑えることが出来ます。ボディシャンプーを使う時は、使うタイプを「しっとりタイプ」にしないことです。「さっぱりタイプ」のほうがより良いでしょう。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

ニキビと大人ニキビ |  ニキビ予防 |  背中ニキビ予防 |  ニキビケア |  ニキビ対処法 |  背中ニキビ対処法 |  ニキビ痕対処法 | 

ニキビ

ニキビは、思春期から20歳代に主として現れ、脂腺のたくさん集まっている顔に多く出来やすいとされています。そしてニキビは皮脂が毛穴をふさぎ、炎症が起きたものです。まず、毛穴が詰まって黒い点が生じ、その黒い点(「面ぽう」と呼ばれる)が炎症を起して、赤いボツボツ(丘疹)となり、さらに黄色い膿ほうが出来ます。その膿ほうが破れた後、褐色の色素沈着やへこんだ瘢痕(はんこん)となることがあります。ニキビはこのようないろいろな発疹(ほっしん)が混ざり合っているものであり、かゆみの無いのが特徴です。ニキビは思春期でホルモンの分泌が増加し、皮脂の分泌も増えます。そして、毛穴がふさがり、細菌で炎症が起こることが原因です。