美肌方法 >  美肌化粧品の使い方 >  美肌を守る紫外線防止剤の使い方

美肌を守る紫外線防止剤の使い方

美肌にとって紫外線は大敵です。紫外線防止剤や日傘などを上手く利用して強い日差しから美肌を守りましょう。

紫外線防止剤は、SPFの数値の+(プラス)の数の多いものが「紫外線防止効果」は大きいと言われていますが、その分「肌への負担」も多くなるため、かえって美肌を傷つけてしまいます。

ですので、紫外線防止剤は1種類を使い続けるのではなく、その時々によって使い分けることが必要です。そして、紫外線防止剤の表示にあるように、使用し、塗ったままではなく、こまめに塗りなおしをすることも重要です。

しかし、紫外線防止剤を使用しているからと言って完璧に紫外線を防ぐことが出来る訳ではないので、「日傘」「サングラス」「帽子」は準備したいものです。また昨今、室内でもガラス越しに紫外線を浴びると言われており、メイクの下地等に紫外線防止剤を塗り、油断せずに使用していく方法が美肌を守るうえで、より良いでしょう。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌のための洗顔料の使い方 |  化粧水の使い方 |  美容液の使い方 |  美肌を守る紫外線防止剤の使い方 |  乳液/クリームの使い方 |  マッサージ剤の使い方 |  パックの使い方 | 

美肌化粧品の使い方

ある程度の年齢となっても美しい肌を保つためには、日ごろから適切な手入れ(「皮膚を健康に保つ」「皮膚に不必要な刺激を与えない」「シミや老化の原因となる紫外線を防ぐ」「乾燥した肌には油分ではなく水分を補給する」等)で、肌をいたわることが必要です。また、美肌であるか否かは「角層」次第なので、健康な角層を育むアイテムとして、角層の働きを最大限に引き出すために、天然保湿成分の産出促進・脂質バランスを整える美容液を使うこと、そして、肌内部の水分の通り道を増やすと共に、効果的に肌内部に水分を巡らせる水分調節機能を持った化粧水を使うことが大切です。美肌の鍵である角層を朝夜、徹底的にうるおいで満たしてくれるようなローションを使うという方法もあります。