美肌方法 >  しみ >  しみの予防

しみの予防

しみを予防する方法は、以下の4点があります。

@加齢であると思われる場合は、まず、必要以上に気にしないことです。クヨクヨしたり、気にしたりせず「人生経験の証」というような気持ちを持つことも大事です。

A紫外線対策。近所の外出や日常の家事労働(洗濯物を干す)室内でも紫外線対策は怠らないほうがよい

B肌を守ること。加齢で皮膚は老化します。乾燥を防いだり・紫外線を防いだりする物質の量や作用が減少してくるため、肌に合った化粧品や基礎化粧品を使用して、肌を保護しなければならないです。

C寝不足・過労等のストレスをできるだけ避ける。「ビタミンC」の多く含まれた食品を積極的に摂ることを心がける。また、「ビタミンC誘導体」成分が入った化粧品を使用することも良いです。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

しみの原因 |  しみの予防 |  しみのケア | 

しみ

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織からなるのです。さらに、表皮は、角質層・透明層・顆粒層・有棘層・基底層の5層に分かれています。5層は通常、28日で入れ替わり、28日たつと5層目が1層目まで上がってきて、はがれてなくなります。5層目にある基底層には「メラノサイト」という細胞があり、これが紫外線を吸収し、メラニン色素を生成します。ところが、新陳代謝が悪いと、層の入れ替わりが起こらないです。従って基底層に出来たメラニン色素も、そのまま留まり動かないです。これが「色素沈着」=「シミ」になるわけです。「シミ」、薄い褐色の境目のはっきりした色素斑としてあらわれ、大体30歳以降の女性に多く、両ほお・ひたい・目・鼻の周囲に出来やすいとされています。