美肌方法 >  美肌化粧品の選び方 >  美肌のための紫外線防止剤の選び方

美肌のための紫外線防止剤の選び方

SPF

美肌に日焼けは禁物です。紫外線対策には日ごろから気を配りましょう。

紫外線といえば夏に気をつけるもの、と思いがちですが、冬の陽射しも要注意です。紫外線は波長の長いものからUVA、UVB、UVCがあります。UVケアの化粧品を選ぶのは、紫外線を防ぐいくつかの数値が基準となっています。

まず、UVAに対する効果は「PA」で、+(プラス)の記号の数(++、+++等)として表されます。

UVBを防ぐ効果を表す「SPF(紫外線防止指数)」があり、その数値の高いものがより紫外線防止する効果が高いです。例えばSPF 50 というのは、何もつけずに1時間日焼けした場合と、SPF 50の日焼け止めを塗って50時間日焼けした場合の日焼け度合いがほぼ同じになるという意味です。

ただ、あまりに高いSPFの日焼け止めは逆に肌に様々な悪影響を引き起こす可能性があるため、肌の弱い方は、SPF20くらいのほどほどのSPF値の日焼け止めを使われたほうがいいでしょう。

UVCは波長が短いため、肌トラブルの影響は少ないと言われています。

紫外線防止剤の中には紫外線を吸収し無害に変える「紫外線吸収剤」と、皮膚にかかる紫外線を反射してバリアする「紫外線散乱剤」があります。

「紫外線吸収剤」が多過ぎると、肌トラブルを引き起こし易くなります。一方で「紫外線散乱剤」が多すぎる日焼け止めを塗ると白っぽくなってしまいがちです。このバランスは個人毎に異なりますので、いくつかの日焼け止めを試して、肌に合わないものを使わないようにすることが大切になります。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌にいい洗顔料の選び方 |  化粧水の選び方 |  美容液の選び方 |  乳液/クリームの選び方 |  美肌のためのマッサージ剤の選び方 |  美肌のための紫外線防止剤の選び方 |  パックの選び方 |  日焼けの原因 |  日焼けの予防 |  美肌のための紫外線防止剤の選び方 |  日焼けのケア | 

美肌化粧品の選び方

美肌にとって重要なのは、化粧品の選び方ではなく自分の肌質や欠点を把握することです。そして、どうしたいかということを明確にすることで自分に必要な化粧品の種類が決まってくるものです。そのため、化粧品は、こだわりをもって選びたいものです。

美肌のキーポイントとなるのは、角層です。角層にうるおいがなければ肌は美しく見えません。加齢や生活環境・生活習慣により肌の機能は低下しますが、角層を育てることに注目した化粧品を使い、その働きを最大限に引出すためにも自分の年齢や肌質に合ったものを選ぶことが必要です。それは、値段の高いもの・安いもの・手作りのもの・・・と様々ですが、肌が必要としているものだけを与えることが大事です。