美肌方法 >  美肌化粧品の使い方 >  マッサージ剤の使い方

マッサージ剤の使い方

マッサージ剤は、普段は、毎日こまめに行うことが出来るならば、化粧水の後に美容液を簡単に伸ばす程度で代用として十分であると思われます。マッサージ剤の使い方としては、朝の洗顔直後、化粧水の前に20〜30秒マッサージしながらなじませるタイプと、所要時間は30秒で、夜、乳液の代りに使うタイプとがあります。血行を促進しながら、真皮の活動を高め、また、かさつきも解消出来ると言われています。いずれにしても、マッサージは一般的に面倒であると言われていますが、健康的な肌を維持するため、また、正しい力加減と方法さえ守れば、ダメージを与えることなく、肌ケアへの手助けとなる方法です。特に冬は、室内の暖房で保温や柔軟効果が得られる朝のマッサージが効果的です。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌のための洗顔料の使い方 |  化粧水の使い方 |  美容液の使い方 |  美肌を守る紫外線防止剤の使い方 |  乳液/クリームの使い方 |  マッサージ剤の使い方 |  パックの使い方 | 

美肌化粧品の使い方

ある程度の年齢となっても美しい肌を保つためには、日ごろから適切な手入れ(「皮膚を健康に保つ」「皮膚に不必要な刺激を与えない」「シミや老化の原因となる紫外線を防ぐ」「乾燥した肌には油分ではなく水分を補給する」等)で、肌をいたわることが必要です。また、美肌であるか否かは「角層」次第なので、健康な角層を育むアイテムとして、角層の働きを最大限に引き出すために、天然保湿成分の産出促進・脂質バランスを整える美容液を使うこと、そして、肌内部の水分の通り道を増やすと共に、効果的に肌内部に水分を巡らせる水分調節機能を持った化粧水を使うことが大切です。美肌の鍵である角層を朝夜、徹底的にうるおいで満たしてくれるようなローションを使うという方法もあります。