美肌方法 >  日焼け >  日焼けのケア

日焼けのケア

美肌を保つためにも日焼け後のケアは大切です。

日焼けのケア

日焼けは、紫外線が皮膚の真皮にまで達して、炎症を起したものです。日焼けをしてしまったら、以下のようなケアをしましょう。

@ 「ほてり」を沈めることが最優先です。「顔の日焼け」であれば、冷たいタオルを乗せて、「背中の日焼け」であれば、シャワーで水を15分ほどかけましょう。

A 刺激の少ない化粧水をコットンに含ませ、軽くたたくようにしてタップリつけましょう。刺激の強い洗顔料や美容液やパックなどは2〜3日はしないこと。日焼け後のケアとして、「キュウリのパック」(キュウリの輪切りを顔に乗せるパック)も知られていますが、キュウリの生(なま)のエキスはソラニンという成分がありますため、かえって日焼けの原因となることもあります。

B 洗顔する際は、強くこすらずに、軽くたたくようにします。

C 炎症が収まったら、保湿性の高い化粧水などで水分を十分補給をすることです。

万一、「日ぶくれ」がひどい時は、専門医(皮膚科)の受診が望ましいです。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

日焼けの原因 |  日焼けの予防 |  美肌のための紫外線防止剤の選び方 |  日焼けのケア | 

日焼け

日焼けとは、皮膚が紫外線を受けてメラニン色素を作り、そのメラニン色素が皮膚に一度に沈着して肌色を濃くして(褐色等)紫外線の害を表皮の「真皮」にまで及ぼさないようにしたものです。このメラニン色素は、「ドーパクロム」という物質が紫外線を受けて変化したものです。多くの「日焼け」は、季節が変わったり・時間が経ったり・衣類で覆ったり、紫外線が当たらないようにしてやると、元の肌色に戻るものです。しかし、陽射しの強い時のドライブや夏の海水浴・冬のスキーの後に、皮膚がほてり、赤くなってヒリヒリすると痛むことがあります。これも「日焼け」であり、強い紫外線を短時間に受けて「真皮」に炎症が起こったものであると思われます。