美肌方法 >  医薬部外品とは >  油溶性甘草エキス

油溶性甘草エキス

「油溶性甘三エキス」とは、甘草フラボノイドとも呼ばれる。甘草(「ハギ」に似た草の根から取れ、黄色で甘みがあります。)から油で抽出した植物エキスです。主成分である「グラブリジン」は、メラニンの生成を促すチロシナーゼ酵素を抑制する働きがあり、その力はコウジ酸・アルブチン以上の美白効果がありますと言われています。また、医学的には「肝斑」の治療に使用することもあります。シミやくすみを美白用製品に多く含まれています。その他、紫外線吸収作用や活性酵素の抑制作用、消炎作用などにも効果的です。表示上は「保湿エキス」とされる美白成分です。また、美白効果が高いわりに、植物性抽出物であるので、肌への負担が少ないとされています。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美白化粧品で美肌を目指す |  美白成分 |  ビタミンC誘導体 |  アルブチン |  エラグ酸 |  ルシノール |  ルムプヤン |  カミツレエキス |  油溶性甘草エキス | 

医薬部外品とは

医薬部外品とは、「医薬品」ではないが「医薬品に準ずる」ものです。つまり、効果・効能が認められた成分が配合されていますが、それが積極的に病気やケガ等を治すものではなく、予防する事を目的として作られたものであるということです。また、効果が誰にでもあるというわけでなく「効果が期待出来る」という程度あり「医薬品」と異なるのです。

また、医薬部外品のそもそもの定義は、「口臭予防・あせも、ただれの防止・育毛、除毛・ハエ、カの駆除」等の目的で使用されるものです。これだけみると、化粧品とはかけ離れていますが、ようは肌に何らかの影響を与えるものであるということです。ちなみに化粧品の定義は「肌をすこやかに保つ」ですから、医薬部外品は化粧品よりも肌に積極的に影響を与えるものであることがわかります。