美肌方法 >  ニキビ >  ニキビ痕対処法

ニキビ痕対処法

「ニキビ痕」は皮脂が毛穴をふさぎ、膿ほうとなり、それが破れたあと、褐色の色素沈着や凹凸として顔に残ったものです。対処法は、まず、色素沈着であれば「美白成分」の入っている(特に「ビタミンC誘導体」成分が入ったものが効果的)化粧品を使用すると、改善されることもあります。また、凹凸の場合には、清潔を保った上で、専門医(皮膚科等)の受診が望ましいと思われます。

そして、「たかが、ニキビ痕なんだからすぐに治るはず」と放っておかず、正しいスキンケア・洗顔・生活習慣の改善・食生活。等の時間がかかるということを実行した上で、結果として治る場合もあるため、心の余裕を持ちながら症状を見ながらの改善を望みたいものです。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

ニキビと大人ニキビ |  ニキビ予防 |  背中ニキビ予防 |  ニキビケア |  ニキビ対処法 |  背中ニキビ対処法 |  ニキビ痕対処法 | 

ニキビ

ニキビは、思春期から20歳代に主として現れ、脂腺のたくさん集まっている顔に多く出来やすいとされています。そしてニキビは皮脂が毛穴をふさぎ、炎症が起きたものです。まず、毛穴が詰まって黒い点が生じ、その黒い点(「面ぽう」と呼ばれる)が炎症を起して、赤いボツボツ(丘疹)となり、さらに黄色い膿ほうが出来ます。その膿ほうが破れた後、褐色の色素沈着やへこんだ瘢痕(はんこん)となることがあります。ニキビはこのようないろいろな発疹(ほっしん)が混ざり合っているものであり、かゆみの無いのが特徴です。ニキビは思春期でホルモンの分泌が増加し、皮脂の分泌も増えます。そして、毛穴がふさがり、細菌で炎症が起こることが原因です。