美肌方法 >  しわ >  しわのケア

しわのケア

加齢による「しわ」(大じわ)については、化粧品による効果はあまり期待出来ません。また、「表情筋」の緩みにより出来る「しわ」(小じわ)には化粧品で対処できる方法と、外科手術による対処方法があります。化粧品は、自分の肌にあったものを選び、入浴・洗顔などで肌を清潔に保ち、栄養クリームなどで手入れをするほか、マッサージも効果的です。外科手術による方法(一般的に「しわとり手術」と呼ばれている)は肌に張りを取り戻す目的で行われます。加齢による顔全体の「しわ」にも手術を行うこともあります。「小じわ」対策に適した化粧品は、ターンオーバー中の細胞に働きかけて皮膚のうるおい成分を高めるもので、その特徴を持った化粧水や乳液を選んで使うことが重要です。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

しわの原因 |  しわの予防 |  しわのケア | 

しわ

表皮の「真皮」には、コラーゲンとエラスチンという2種類の弾力繊維があります。その繊維のすき間をヒアルロン酸が満たしています。若い人はヒアルロン酸がたっぷりあり、皮膚にも弾力がありますが、老化が進むとヒアルロン酸は減少し、繊維が張った状態が維持出来なくなります。「しわ」とは、その結果、顔の表面に出来た筋目のことであると言われています。特に、「皮膚のしわ」は美容上重要視されています。

「しわ」は2つに分けられ、「小じわ」と「大じわ」があります。「大じわ」は表情筋がいつも同じ動きをする箇所にできやすい加齢性・老人性のしわのことです。「笑いじわ」は「大じわ」になりやすいです。「小じわ」は年齢に関係なくよく見かけられるものです。