美肌方法 >  脱毛 >  脱毛トラブルのケア

脱毛トラブルのケア

毛抜きで脱毛した場合の、「毛」の抜き方が途中で切れたりした場合に「毛」が皮膚の中で成長し埋没してしまう「埋没毛」は、目に見える範囲であれば、消毒した「針」で「埋没毛」の箇所を刺し取り出すことも出来ます。ただし、傷口には必ず清潔なコットン等で傷薬を塗ることが必要です。また、抜くことで皮膚がひっぱられ、余分な脂肪が出てきて、ボコボコと硬くなってきて解消するにも時間がかかるために、「毛抜き」は見合わせることが必要です。

カミソリ等の「逆そり」で出来た「黒ずみ」は肌の角質を傷つけたことにより出来た「色素沈着」です。このような症状が出た場合は、「脱毛作業」は中止したほうがよいでしょう。状態が回復後、顔用の美白成分入りの化粧品を使うのは効果的です。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌の基本、正しい脱毛方法とは |  脱毛の方法 |  毛のそり方 |  相互リンク 脱毛サイト |  毛の抜き方 |  毛の溶かし方 |  レーザー脱毛 |  脱毛トラブルのケア |  脱毛エステ『エピレ』の評判 | 

脱毛

人の身体は足の裏・手の平を除いてほとんど「毛」に覆われており、人種や個人差はあるものの約140万本とも言われています。この「毛」は表皮の一部が変化したもので出来ています。この「ムダ毛」(腕や足・ワキ等)は、肌を出すことの多い春から夏にかけて悩みの種です。どうしたら、痛みを伴わずに、処理できるか?どうしたら、長く「生えて来ない」ようにできるか?等々です。昨今、男性でも「ツルツルの肌」へのあこがれから「脱毛」を試みる傾向もあると言われています。「ムダ毛は体温を保持するために、また、皮膚同士の直接摩擦を避けるためにある」とは言われるが、出来れば「ツルツル・ピカピカ」の肌でいたいというのが本音でしょう。