美肌方法 >  美肌ボディケア >  へそのゴマ

へそのゴマ

「へそのごま」の実体は「へそのゴミ」のことです。「へそ」はへこんでいるために、まわりのゴミがたまりやすくなっています。「へそ」は「へその緒」を通して酸素や栄養を吸収していたもので、生まれたときに切り離され、その取れた後が傷跡のようにへこんだままになっているものです。

「へそ」にゴミがたまらないようにするには、入浴時にていねいに洗っておくことです。しかし、見た目が良くないからと言って気にし過ぎて、つめやピンセットや毛抜きで掘ったりすると、傷がつくことがあります。傷がつくと、そこから雑菌が入り込んで炎症を起しやすくなるので、やりすぎは禁物です。

一番、美肌方法としてお薦めなのは、オリーブオイル等をめん棒でそっと塗り1時間ほど置いて洗い流すと大体剥がれ落ちます。

本気でニキビ治療を考えている方には、
皮膚科ドクターが開発した このニキビ専用ピーリングがお薦めです。
メディカルエステ シーズ・ラボ
月末まで5,250円でトライアルできます!


自宅で出来る美肌術 限定100本! ⇒美肌撫子はこちらです


ネットで良く検索される人気「美肌」関連検索ワード[PR]

毛穴 ケア

ニキビ 治療

しわ 改善


関連エントリー

美肌のための入浴方法 |  かかとのささくれ |  ひざの黒ずみ |  相互リンク ボディケア関連サイト |  へそのゴマ |  小顔体操 |  あかぎれ | 

美肌ボディケア

「体脂肪を減らす」「体重を減らす」ということだけでは「ボディケア」をしているとは言えません。肥満や肌荒れの原因をよく考えた上で行なう方法として「エステ」「東洋医学」「運動」「食事療法」があります。これらを試みることで、新陳代謝が良くなり脂肪の分解も活発になるのです。そして、体のコンディションも良くなると思われます。「エステ」にはセルフマッサジーやプロのエステティシャンやメディカルエステによるものがあります。「東洋医学」には、ツボ刺激(体のエネルギーの反射点を刺激して、心身を癒す)や漢方薬の処方(新陳代謝が悪いために起こる「冷え性」を改善する漢方薬等を服用する)があります。「運動」は気になる部分を引締める効果が得られます。